水上バスは東京観光に最適。風も波も心地よく、有名スポットも見ることができる。

ふらりと寄ったお台場、パレットタウン

いつもご覧頂きありがとうございます。
Life is Movementをキャッチフレーズに動き回っているスズキです。

東京お台場にあるパレットタウン。
電気自動車を見るためにメガウェブに行きました。
目的を果たしたあと、どこに行こうかなとフラフラしていると、気になる看板を発見。

「海上バス乗り場」徒歩1分。
水上バス(=海上バス)に乗れるらしい。
これも何かのご縁ということで海側に1分、歩いてみた。

素敵な建物が

階段を降りて左に曲がったところにあったのは、素敵な建物。

どうやら水上バスの乗船券売り場のようだ。
公式ホームページには水上バス、看板には海上バスと書いてあるが、どちらが正解なのだろう。

係員のおじさんに話を聞くと「あと30分ほどで今日の最後の便が出る」とのこと。
これはグッドタイミング、日の出桟橋(=浜松町)までの海上バスに乗ることに。
片道410円の料金も懐に優しいですね。

パレットタウン周辺は

目の前が海なんですね。
乗船券売り場から海がよく見えます。

右上に見える小さな点は、羽田空港から離陸した飛行機です。
反対を向くと、大観覧車にゆりかもめ。
「お台場」を感じさせてくれます。

間もなく船が到着

これから乗船する船が到着するとのこと。
アナウンスもなく、係員のおじさんが大きな声で呼びかけてくれる。
桟橋の前で、並んで待っておくように。とのこと。

桟橋の中まで入っていいとのことだ。
救命用の浮き輪に「パレットタウン」と書いてあるところが、味のある雰囲気。
そんなことを考えながらシャッターを切っていると、今回の海上バス「いりす号」がやってきた。

いりす号

船の名前はギリシャ神話の「虹の女神イリス」からきているとのこと。

船内は、冷房がよく効いた1階室内、風を感じられる1階屋外、景色が抜群によく見える屋上ベンチの3つに分かれている。

定員は約242名だが、最大約150名で運行されている模様。

化粧室も完備なので、万が一の時にも安心だ。

いざ出航

エンジンのうなる音が大きくなって、船が動き出した。

パレットタウンを横目に船はどんどん進んでいく。

天気も良くなり、風も心地いい。
夕方ということもあり、船の屋上でも充分に楽しめた。

今回のコースは、パレットタウン→東京ビッグサイト→日の出桟橋
まずはビックサイトへ立ち寄る。

有名なスポットを経て、日の出桟橋まで20分の船旅

東京ビッグサイトを出た後は、目的地の日の出桟橋に向かう。

橋梁の下をくぐる感覚は新鮮で思わず見上げてしまうほど。

途中、タイミングがいいと”ゆりかもめ”がすれ違うシーンが見れたり。

高層マンションを見ながらのクルーズ。

東京タワー、高層ビル街を遠くに眺め、目的地へ向かう。

見ておきたい3つの観光スポット

素敵な船旅をしながら、これだけは見ておいたほうがいいぞ!という3つのスポットをご紹介。

1.東京タワー

先ほども見えた東京タワー。

2.東京スカイツリー

東京タワーを見たら、東京スカイツリーも見たい。
と思ったら見ることができました。

3.レインボーブリッジとフジテレビ

つい先ほどまでいたお台場もよく見えますよ。

番外編.有名な市場も

今、話題のピカピカな市場も海側からキレイに見ることができます。

間もなく到着

無事に日の出桟橋に到着しました。
約35分の船旅もここでおしまい。

夕方だったので、風も気持ちいし太陽の具合も最高。
もうちょっと日が落ちるのが早ければ、もっと幻想的な雰囲気になったことでしょう。

今回、運良く乗れた「東京ビッグサイト・パレットタウンライン」は運航日が限られていますので、事前にチェックしてください。
2日間しか運航しない月もありました。運行状況はこちら

東京ビッグサイト・パレットタウンラインは運航日に注意しなければいけませんが、浅草と日の出桟橋をつなぐ航路は毎日運航していますので、一度お試しあれ。

公式サイトはこちら

日の出桟橋では、隣に近未来的なデザインのホタルナがいました。

こうやって、海から「東京」を攻めるのも、一つの観光ですよね。
偶然発見した水上バス、楽しいひと時を過ごすことができました。