【駅弁】東京駅で買うなら、魚力の大とろサーモン蒲焼丼が一番だ

東京駅で駅弁を買うなら

こんにちは、スズキです。
旅行に行かれる際、何を楽しみにしていますか?
非日常的な体験、アトラクション、素敵な旅館、移動中の乗り物。
人それぞれ旅行には、楽しみにしているコンテンツがありますよね。

その中で、やっぱり「食」というものは大きなウエイトを占めるわけです。
どこで食べたか、何を食べたか、誰と食べたか。
北海道に行ったらウニといくらを食べたいし、福岡に行けばラーメンを食べたい。
東京に行ったら何を食べようか。
厳密に言えば、東京駅に行ったら、どんな駅弁を食べようか。

 

大とろサーモン蒲焼丼

そんなときにOutputLogのニシマツ氏がオススメしていた駅弁。
それが大とろサーモン蒲焼丼

サーモンの蒲焼き、美味しいに決まってるぜ。
ただ、販売しているお店が分からなかった。
が、先に紹介したOutputLogに書いてあったのだ。

というわけで、いざ駅弁の旅へ。

 

東京駅の改札の中

場所は東京駅の改札の中。
京葉ストリートにあるそうだ。
JRの八重洲南改札口からすぐのところ。


今回、地下鉄で東京駅まできたあとは、東海道新幹線のICカードで名古屋に帰る予定だった。
ということは入場するのに、入場券が必要なのか。
と、140円の出費。

※交通系ICカードを持っている場合は、それで東京駅の改札を通り、新幹線乗り換え口では2枚まとめてタッチすればお金がかからないとのこと
当時はそれを知らなかった。

京葉線の方へ進むとありましたよ、京葉ストリート。

 

海鮮寿司 魚力

その中にある魚力というお店へ
お寿司屋さんなのでしょうか。
美味しそうな駅弁がところ狭しと並んでいますが。

「大とろサーモン蒲焼丼」発見!!
ありましたよ、これです、これ。
税込み1,000円なのは、おつりが出なくてありがたい。

穴子天丼や、ちらし寿司を横目に、今回は大トロサーモン蒲焼丼を購入。
ようやく見つけられたワクワク感がたまりませんね。

 

さっそく食べます

新幹線では窓側の席が取れたので、さっそく頂くとしましょう。
冷めても美味しい蒲焼丼。
たれの甘みと、しょっぱさと、ごはんが進みますね。

香ばしい蒲焼に白いご飯のマリアージュ。
日本人に生まれてよかったなぁと思う瞬間でした。
卵焼きもいいアクセントです。

冷えていても味がしっかりついていて、最後までたっぷり楽しめます。
東京駅から帰る際には、定番の駅弁になりそうです。

ただ、魚力さんの別のお弁当も気になるところですね。
大海老天重も試してみたくなります。
次はこれを狙ってみようと思います。