【旅行】都会に遊びに行くなら、地下鉄よりもバスに乗ろう

例えば東京観光

こんにちは、スズキです。
例えば東京に遊びに行ったとき、都内の移動は何を使いますか。

新宿から銀座まで
池袋から渋谷まで

定時運行、本数も多い電車で移動することが多いのではないでしょうか。
もし、その中でも地下鉄しか使っていないなら、バスに乗ってみることをオススメします。

いろんなモノが見えるようになる

地下鉄に乗ると、外の景色はほとんど見えません。
東西線の葛西駅など一部路線は地上を走りますが、ほとんどの場合は地下ですよね。

せっかく都会に来たのに、真っ暗な車窓しか見えないのは勿体無いと思うわけです。
そこで登場するのが「路線バス」なんですね。

バスの魅力

バスの魅力は小回りが利くこと。
細い裏路地や、ランドマークの前まで走っていることも。

バス停とバス停の間隔も近いのでアクセスも良いし、のんびり走っているので風景も見やすい。
渋谷から代々木へ
渋谷から代々木へ移動するなら通常は山手線を使う。
所要時間5分、運賃は140円。
もちろんバスよりも早いし、運行時刻も正確だし、山手線がオススメ。

時間がかかりすぎ

といいながらも、バスに乗ると約50分。
山手線の10倍かかる。
運賃は100円とお値打ちだが、時間がかかりすぎ。
渋谷駅を出たバスは、原宿、表参道、南青山、千駄ヶ谷と経由し代々木駅へ。
東京の街並みを眺めながら移動できるのだ。

有名スポットを観ながら

途中、東京タワーが見える場所があり、東京らしさを感じた。

他にも東京ビックサイトから東京駅に向けてバスに乗った際は、
左手に豊洲市場や、為末大さんが館長をされている新豊洲 Brillia ランニングスタジアムを見ることができた。

時間もかかるし、本数も少ない

純粋に移動手段と考えれば、地下鉄や電車のほうが効率がいい。
都会であれば本数も多いし、交通網も発達している。
けれども、少し時間があるのであれば、観光で遊びに来ているのであれば、ちょっと違う選択肢を残しておいてもいいのかなと。

最近では、アプリで簡単に時刻を調べることもできる。
観光に行った先、時間があれば「路線バス」という選択もオススメだ。