十和田市内から八戸駅へ行くときは、バスの遅延に要注意

十和田の街に別れを告げて

こんにちは、スズキです。友人の誘いで青森県十和田市に来ていました。十和田市で2泊し、そろそろ帰る頃に。
十和田市から名古屋へ帰るとき、八戸から東北新幹線に乗り東京経由で帰る、若しくは三沢空港や青森空港から飛行機で帰るのが一般的でしょう。

今回は八戸から新幹線で帰ることにしました。十和田市内から八戸に行くにはどうしたらいいのか。
基本的には路線バスでの移動になります。

路線バスで八戸に行くには2通りある

路線バスで十和田市内から八戸駅に行くには2通りあります。

  1. 十和田市内から直通バスに乗る
  2. 三沢駅まで路線バス、三沢駅からは青い森鉄道に乗る

今回、往路に2番の三沢駅経由を使ったので、復路は直通バスに乗ることに。
11時34分に官庁街通バス停を出発する「下田駅経由八戸行き」です。

土日の八戸駅直通バスは官庁街通バス停を

  • 7時04分
  • 9時34分
  • 11時34分
  • 13時34分などなど

の時間に発車します、2時間に1本しかありませんので、要注意ですね。

今回乗車した11時34分のバスは、八戸駅には12時48分に到着。そこからは13時07分に発車する「はやぶさ20号」に乗り換えて東京に向かいます。

ごくごく普通の乗合バス

1時間以上の道のりを走る路線バス。扉2つのよくある路線バスです。なかなか年季の入ったバスで1時間。キャリーケースを持ったお客さんが数人乗車し、出発です。
ちょっと残念な乗り心地ですが、これを使わないと帰れないので甘受することに。

整理券は1番、車庫から出たばかりのバスに。
旅行先ではバスに乗りたいと思うことが多い。その土地に密着していることがバスに乗る楽しさなのかもしれない。

十和田市を出て102号線を走る。3.5kmほど進んだところにある三本木営業所。その手前になるのが「農家レストラン ぼんと正月」なのだ。
信号待ちをしているときに、ちょうど左手に見えた。店名にインパクトが!!思わず写真を撮ってしまうくらいにツボったのだ。
こういう小さな楽しみがあるのも、バス移動ならでは。

15kmほど進んだところで東北新幹線の高架をくぐる

バスは十和田市から東へ進む。15kmほど進んだところで東北新幹線の高架をくぐることに。
郊外の土地に綺麗に並ぶ橋脚、近代的な建造物が見える。

おいらせ町役場前、青い森鉄道を貨物列車が走る

ここを大型バスが通るのか、と思う道、交差点を通っていくのが十和田観光電鉄のバス。
途中で青い森鉄道の踏切を渡る。偶然にも貨物列車が通過。

これが青森の「下田駅」

十和田から八戸に向かうバスは途中、青い森鉄道の「下田駅」に停まる。
「しもだ」という響きだけでは、静岡県の下田を思い出すのだが、あそこにあるのは「伊豆急下田駅」だ。

学生風のお客さんが数人乗車し、高校前で降りていった。ちらっと見えた校舎には「○○文化祭」と書かれていたように見えた。

まもなく八戸、10分の遅延

約60箇所のバス停を通過し、まもなく八戸。時刻表では12時48分に到着するのだが、この時点で12時50分。バス停も多く、遅延するのはしょうがないことだ。
しょうが無いことだけれど、この後にはやぶさ20号に乗り換える予定があるので、早く着いてほしいもの。目立った渋滞は無かったものの、信号や停車によって遅延が発生してしまった。

整理券1番は1,250円

ようやく八戸駅が目の前に。整理券1番で乗った僕の運賃は1,250円。なかなかいい値段だ。
距離にして39km、仮に電車だったなら、、なんて野暮なことは止めておきましょう。

10人ほどの乗客が八戸駅で降り、バスは八戸市街へ向かうことに。

八戸駅東口に到着

無事に八戸駅東口に到着。10分弱の遅延が発生しており、急いで八戸駅の新幹線ホームに向かったわけです。
はやぶさ20号は13時07分に発車。特急券はえきねっとで申し込んであるだけなので、券売機での受け取りが必要。合わせて名古屋までの乗車券も購入する必要が。
お土産もお弁当も、、、なんていう時間はなく、大急ぎでみどりの窓口に向かいました。

みどりの窓口には10人ほどのお客さんが並んでおり、隣の券売機にも数人のお客さんが。焦りながらもきっちりと購入でき、間に合うことができました。

バスの遅延はしょうがないけれど、その後の新幹線に間に合わないのはツラい。余裕をもって選ぶとしたら、13時39分発のはやぶさ22号を選ぶほうがいいでしょう。
はやぶさ号は30分に1本、八戸駅行きのバスは2時間に1本。ちょっと移動に難儀する十和田から八戸への移動でした。

生きることは動くこと

十和田観光電鉄バスにて
距離…39km(地図上で計測)
運賃…1,250円
CPK…32.1円
(※Cost per Kilometer)