せんべろしながらトークをしたい「せんべろトークのすゝめ」 #せんべろトーク

たまにはお酒の力を借りてみよう
ちょっといい気分になって、いつもより饒舌になる。

いつもよりすこし踏み込んだ会話が心地よくなる。

気を張らずに、等身大で

せんべろ
…1,000円でべろべろに酔えるようなリーズナブルな酒場

せんべろというカテゴリーを知ったのは12月のこと。
お値打ちな居酒屋、立ち飲みを楽しみたい。

面白そうな「せんべろ」に足を踏み入れてしまった。

「せんべろ」はリアルで楽しい

テレビで見る新橋のサラリーマンのようになれる。
高級ではない場、少々騒がしい店内。

普段の生活に近い距離にある「せんべろ」
いつも通りの自分で、着飾らず素のままでいられる。

それが実にリアルで楽しい。

定番のポテトサラダをつまみながら

ビール、ハイボール、ホッピーなどのお酒に、ポテトサラダやハムカツをつまみにして。
ケの日を満喫する。

少し緊張がほぐれると、次第に相手との会話を楽しむようになった。

浅いようで深い話

会社のこと、友人のこと、趣味のこと。
別にとりたてて面白い話題になるわけではない。

ただ、アルコールが入ってか、お互いに気分がいいのだ。
相手のことをしっかりと受け止めてあげられる余裕が、いつの間にか生まれてくる。

じっくり聞いてみると、深い深いところにある窮屈な悩みだったりもする。

熱い思いが出てくるところ

もちろんネガティブな話や、近況報告だけでなく。
お互いの熱い思いも出てくるわけで。

「オレは○○を目指しているんだ!!!」なんて言われると、がぜん興味が沸いてくる。
そのリアルで包み隠さない様子、気持ち、勢いが、特に最近の大人には欠けているのだろう。

社会性を重んじるあまり、自我を外に出せなくなっているようだ。

その重みを解いてくれるのが、適度なお酒と適度な距離感、適度なにぎわいだったりする。

「せんべろトーク」をコンテンツにしたい

リアルな気持ち、勢いのある気持ち。
今まで心に溜めていたもの、一度これを言ってみたかったもの。

それを全部吐き出して、”リアルな自分”を見てみたい。

というわけで、「せんべろトーク」というコンテンツを作る。
月に2回くらい、2~3人で飲んで食べて話す場を作る。

みんな意外と熱いものを持っていたりする、積み重ねてきた経験がある。
それを惜しみなくバラまいてほしい。

月2回のコンテンツ、今後の展開をお楽しみに!!
一緒にせんべろできる人も募集しています(名古屋ですけどね)