301リダイレクトを確認するには

ウェブページなどでURL変更した際など、ページを転送することがあります。

例えば、

http://aaa.example.com を http://bbb.example.com に転送したり

http://www.example.com を http://example.com に転送したり

http://www.example.com を https://www.example.com に転送したり

そんなときに役立つの「301リダイレクト」という仕組みです

301と302がある

リダイレクト(=転送)が恒久的なのか、一時的なのか。
恒久的であれば301リダイレクトを、一時的であれば302リダイレクトを使うのが、一般的ですね。

ひとまず設定をしたところで、問題になることがあります。

リダイレクトが機能しているか分からない

Chromeなどのブラウザは、便利で親切な機能が付いています。

http://からhttps://に切り替えた時、ブラウザも記憶してくれるんですね。


間違えて「http://」と入力しても親切に修正してくれます。

ということは、リダイレクトされたように見えるんですが。
それが、ブラウザ側の仕様なのか、サーバーで設定した仕様なのかが分からない。

そんなときに便利なページはこちら

リダイレクトチェック

301リダイレクトができているのか、302リダイレクトができているのか、チェックするサービスがあります。

それがこちら

WEB便利ツールのABASHIさんが提供しているサービスです。

https://www.abashi.net/redirect-checker

実際に使ってみるとどうなるのか

URLと書かれた欄に入れてみましょう。

今、ご覧いただいているサイトは

http:// が https:// にリダイレクトされるように設定してあります。

301リダイレクトがしてあるときは

ステータスが「301」と表示され、リダイレクトされていることがわかります。
ステータス「200」というのは「正常」という意味です。
一般的なホームページは「200」のステータスなんですね。

余談ですが、ページが消えてしまっているときは「404」、サーバーが込み合っているときは「503」というステータスになります。

リダイレクトされていないときは

ちゃんとステータスが「200」になっていますので、正常に運用されています。

ツールを使って301チェックを

ツールといっても、URLを入れるだけの簡単なツールですね。

ドメイン変更や、wwwを取っ払ったり、httpsにしたときに301リダイレクト設定をすることが多いですが、ツールで設定確認しておかないと勘違いしてしまうことも。
面倒でも、一度リダイレクトチェックツールなどを使って、確認してみてください。

WEB便利ツールのABASHIさんのツール
リダイレクトチェッカー(https://www.abashi.net/redirect-checker)