WordPressのカスタマイズに特化した初心者向け教科書

WordPressのカスタマイズに特化した初心者向け教科書

WordPressでブログを始めたら、メニューの構成やデザインをカスタマイズしたくなるものです。とはいえ、何をやったらいいのかよく分からない。そんな初心者な僕にピッタリな教科書だと思った本が、「本気でカッコよくするWordPressで人気ブログ」でした。

この本の著者が作っているWordPressのテーマ「yStandard」をこのブログでも使っていることがあり、カスタマイズの関係が近かったですね。

6つのチャプターに分かれた構成

本書は6つのチャプターに分かれた構成になっています。既にyStandardというテーマを使っているので、チャプター1~4は自分のブログの確認、チャプター5~6は新しく学ぶこと、という印象でした。

最新のエディタ「Gutenberg」に対応

2018年末にリリースされたWordPressに搭載されたエディタ「Gutenberg」、ブロック単位で記事を作成できるようになったことから、戸惑う方も多いとの噂が。

僕は今年からGutenbergに切り替えたのですが、まだまだ知らない機能がいっぱいありました。この本では、最新のエディタ「Gutenberg」の便利な使い方が解説されています。3列並びのコンテンツに限らず、最新記事の表示方法など学ぶところがたくさんありました。

CSS初心者にもおすすめ

WordPressのテーマを作れるくらいの人なら当たり前のことが、初心者は知らなかったりします。そんな内容が書いてあるのも嬉しいところ。

並び順の話だったり、見出しのスタイル変更だったり。まずはこの辺を変えてみたいな、と思うところがちゃんと載っているのがいいですね。

「とりあえずやってみよう」と思う内容

ブログのテイストをちょっと変えてみたいんだけどな、と思っていても何をしていいのか分からない。そんなときにこの本を読もうと思いました。

ちょっとずつ変化させていける楽しみがあれば、その先の専門書も読んでみようかなと思うことができそうです。

やりたかったカスタマイズがいくつもこの本に載っているので、あちこち触ってみようと思いました。