ネットワーク経路を調べるコマンドプロンプト「tracert」

ホームページを見る。

といったとき、今使っているプロバイダから、各地のネットワーク網を順番に渡り歩いて目的のウェブサーバーにアクセスします。
日本国内だけでなく、世界中にあるウェブサーバー。

そこまでのアクセスを知ることができるコマンドがあるんですね。

「tracert」「traceroute」コマンド

Windowsだと「tracert」、マックやリナックスだと「traceroute」という違うです。
これを使うと、自分のPC~ホームページの間をどのルートで通ってきたのかわかるんですね。

また、各ルーターからのレスポンスによって、ボトルネックや、海外サーバーかも??という判断ができます。

tracert/tracerouteの使い方

Windowsの場合は、コマンドプロンプトを開いて、

tracert ドメインやIPアドレス

で検索できます。

tracertの結果

結果はこんな風に表示されます。

海外サーバーだったら

海外のサーバーだったら海底ケーブルの箇所でレスポンスが悪くなることがあるそうです。

普段は全く使わないコマンドですが、何かの際に武器になるのではないでしょうか。