ドメイン記念日、ブログと共に歩んだ2年、ようやく生活に馴染んできた #ドメインとわたし

10月5日はドメイン記念日

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

僕がドメインを取得したのが、2002年10月5日。
だから10月5日はドメイン記念日。

ちょうど2年前の10月5日、このブログがスタートした、せっかくだからドメイン記念日の10月5日に始めようと思って。

コミュニティから刺激を受けた

いろんなコミュニティから、刺激を受けた1年だった。
オンラインサロン、勉強会、作業会。このブログを軸に、いろんな出会いと刺激があった。
同年代の人もいれば、10代の人とも知り合うことができ。みんなポテンシャル高く、新鮮さと挫折の繰り返し。
レベルの高い人たちと交流することは、どうしてもモヤモヤが付きまとってしまう。

1年目には見えなかったものが見えるようになり、心を打ち砕かれる。これも自分自身が成長した証だろう。

薄く長くスランプになった時期

一通りのことを経験すると、停滞期が訪れる。スランプと言うものだろう。
気持ちがうまく切り替わらない、一歩踏み出せない。ジレンマに追いやられていた時期。

そんな時でも、声を掛けてくれる仲間がいて、後押ししてくれる仲間がいて。
なんとか気持ちを保つことができた。

自分が軸になること、積極的に動くこと

少しずつ手を挙げられるように。自分が動けるようになった。
その先には「記事を書きたい」という気持ちがあったから。記事を書くなら、面白いほうがいいし、楽しいほうがいい。全てがプラスに走り出した。

イベントの企画をしたり、運営をしたり。2、3歩先を見ながら、動き出せるようになった。
誰かにふらふら付いていくのではなく、主体的に動けるようになったのも、ちょっとした変化だ。

とりあえず「やる」

成長すると、他人の意見を受け入れられなくなる。自分が間違っていないから。という気持ちがあるから。
はたして、それでいいのだろうか。
新しいコンテンツを提供してくれる人、違った文化を教えてくれる人。
そのコンテンツや文化を楽しめるかどうか、それは主催者側の問題ではなく、参加者側のポテンシャルなのかもしれない。

だとしたら、誰かが教えてくれた新しい何かに、どんどん触れていったほうがいい。友人に限らずSNSで紹介されたもの、ブログで紹介している場所や商品。自分の目で見て、肌で感じたくなった。
とりあえずやってみること、すごく大事。

再度、挑戦したい「取材」「インタビュー」

これは2017年10月5日にも宣言したこと。
物事を内側から捉えたいから、取材やインタビューを欠かさない。
どれだけできたか、と聞かれれば0点、全くダメだった。

まだまだ恥ずかしさが残るのだろう。でも今年はこれを打ち破っていく。
自分に自信を持ち、コンテンツを提供することに責任を持つ。
特に取材、インタビューは、相手にも影響を与えやすい。足を引っ張らないように、全力で挑めるように。徹底的にやる。

2018年のドメイン記念日、最後に

2年が過ぎてコンテンツも安心してきた。8~9月にはPV数も急上昇した。
これもコツコツとやってきた結果だ。

次の1年、文章から魂を感じられるように、写真から音が聴こえるように。リアル、クオリティを追求していこう。

今後とも、変わらぬご愛顧を。
引き続き、宜しくお願い申し上げます。