内田新哉氏(イラストレーター)の水彩原画展(ノリタケの森)を訪問

2018内田新哉水彩原画展

名古屋市西区にあるノリタケの森。
その一角に「ノリタケの森ギャラリー」というスペースがある。

2016年10月2日(火)から10月8日(月)まで開催されているのは
イラストレーター 内田新哉氏による「2018内田新哉水彩原画展」だ。

いつもご丁寧に案内を頂く

毎年、ノリタケの森ギャラリーでは原画展を開催されている。

開催会場はノリタケの森

株式会社ノリタケカンパニーリミテドの本社横にあるノリタケの森。

名古屋駅からも徒歩15分程度と、アクセスも良好。
そのノリタケの森の敷地内にあるのが「ノリタケの森ギャラリー」

今回は、そちらの第二展示室にて開催している。

たくさんのお客様で賑わうギャラリー

会期は1週間、先生も在廊とのことで、賑わうギャラリー。

作者プロフィール

1960年 熊本生まれ。

愛知教育大学美術科を卒業。

中学で放浪を始め、国内を転々と漂泊する。

高校さぼり、奈良唐招提寺の東山魁夷の作品に出逢い絵の深みにはまる。

大学時代には高山を何度か訪ね、大工を志すが挫折。

一人旅を愛し、シルクロード、インド、アメリカ、欧州等をさすらううち絵を志す。

1988年に月刊「詩とメルヘン」でデビュー。

1991年西オーストラリアのパースに移住し、3年間を過ごす。

ペンと水彩で自分と対話する方法を見つけ、絵を描きながら友達も増えた。

画集の出版、インテリア版画や挿絵など描きながら、年に一度のペースで個展をする。

愛犬ココアと暮らしながら、世界各国を旅している。

各種リンク

内田新哉氏 公式ホームページ