松阪名物黒毛和牛牛めし(1,500円)三重県松阪市、駅弁のあら竹

松阪名物黒毛和牛牛めし(1,500円)三重県松阪市、駅弁のあら竹

駅弁
スポンサーリンク

松阪駅は関所だと思っている。JRと近鉄が乗り入れている松阪駅。ここを通るときは頻繁に寄る場所がある。それが駅弁のあら竹(新竹商店)さん。

懇意にしている鉄道カメラマン氏がことあるごとに推してくれるのが、この駅弁屋さんなのだ。

SL時代のなごりを残す、創業明治28年老舗の味「駅弁のあら竹」。三重県JR松阪駅に生まれた松阪の旨しもの、名産松阪牛の味わいをぜひご賞味ください。がんこ一徹、昔…
www.ekiben-aratake.com

JR/近鉄松阪駅から徒歩数分、駅前商店街の中にあるのがあら竹さん。松阪駅の改札内/外にもお店があるが、この本店に行くと温かい駅弁を買うことができる。

電子オルゴールが鳴るモー太郎弁当や牛肉弁当は、以前ご紹介した記憶がある。

今回のお弁当は「松阪名物黒毛和牛牛めし(1,500円)」だ。赤ワイン煮込みの黒毛和牛の牛めしだ。
別添えのブラックペッパー付き。ちなみにカロリーは802kcalだ。

ぎっしり詰まった牛肉とゴハン。
ロースやモモの肉を100g、ゴハンは地元三重県のお米とのこと。

タレが軽く染み込んだゴハン、甘めの味付の牛肉、ホカホカ温かいお弁当を美味しくいただきました。
梅干しもナバナもいいアクセントですね。

改札内からも買うことができるあら竹さんの駅弁。

その反対側は改札の外を向いている。

以前はあら竹さんの奥にうどん屋さんがあったのだけど、今はATMコーナーになってしまっていた。
お店もほんの少し位置が変わったみたいだ。

松阪駅に来た際に立ち寄ってしまう駅弁のあら竹さん。次はどの駅弁を試そうか、楽しみです。

SL時代のなごりを残す、創業明治28年老舗の味「駅弁のあら竹」。三重県JR松阪駅に生まれた松阪の旨しもの、名産松阪牛の味わいをぜひご賞味ください。がんこ一徹、昔…
www.ekiben-aratake.com