「hinode」千葉県いすみ市のコワーキングコミュニティの手触り、足触りが心地よい

JR外房線  大原駅から徒歩15分

千葉県、房総半島南部に位置しているいすみ市。
東京駅から特急で100分弱、大原駅から徒歩15分ほどのところにコワーキングコミュニティがある。

コワーキングスペース「hinode」

もとはサンライズガーデンという施設だったようです。
2017年5月にオープンしたこの施設。
新しさもあって、心地よい空間でした。

木のぬくもり

木がそのまま使われているようなデスク

裸足で歩きたくなるフローリング。

本棚や下駄箱も手作りのようだ。

館内は3つのスペースに

作業がメインのコワーキングスペース、イベントやセミナーが開催できるスペース、フリースペースの3つに分かれる。

目的に合った場所で、やりたいことを存分に。

コンセント、Wi-Fiも完備されている。

ビーチまで徒歩1分

ノートパソコンを持ち込んで作業をするスペースは街中にはたくさんある。
hinodeはビーチまで徒歩1分。
道路を1つ超えたらビーチに行ける。

ビーチの近く、自然にふれあえるところで、電源、Wi-Fi、スマホの電波もバッチリなところは、なかなか巡り会えないのではないだろうか。

心を休める素敵な場所

ちょっと郊外へ。
少し離れたところで新しいアイデアを出す。
いつもと違った雰囲気で、作業をしてみたい。

そんな人にはピッタリの場所だと思っている。
夏の暑い日だからこそ、海の雰囲気を感じながら仕事をするなんてどうだろうか。

また、hinodeでは定期的にイベントも開催されているという。
フリーランスのつながり、旅人のつながり、そういう関係を創出してくれるのも、hinodeのメリットだろう。

千葉県いすみ市深掘1712-1
JR外房線、いすみ鉄道「大原駅」より徒歩15分
公式HPはこちら