近鉄特急ひのとりのプレミアム車両で大阪難波から近鉄名古屋へ、21:00発の621列車

近鉄特急ひのとりのプレミアム車両で大阪難波から近鉄名古屋へ、21:00発の621列車

鉄道
スポンサーリンク

朝一番のアーバンライナーで大阪に向かった日、帰りはお待ちかね、特急ひのとりに乗ることに。
2020年3月14日にデビューした特急ひのとり。車内はプレミアム車両とレギュラー車両に分かれている。

アーバンライナーはデラックス車両とレギュラー車両、ということを考えると、より豪華になった特急ひのとり。
デビュー直後から、プレミアム車両は満席になることが多く、ちょうどいい席が予約できなかったのだが、今回は早めの予約で最後尾座席をキープ。

大阪難波駅を21:00発、ひのとり621列車に乗って。終点の近鉄名古屋に到着するのは23:16分だ。
ひのとりとしての運用はこれが最終列車、アーバンライナーであれば21:30発がある。(土休日の場合)

メタリックレッドのひのとり

外装はメタリックレッド。オレンジ色が多い印象の近鉄特急だが、ひのとりは赤い。
先頭車両はハイデッカー仕様になっている。外観は小田急電鉄のそれに似ている気がする。

窓も大きく、UV・赤外線のカットガラスとなっている。
プレミアムゴールドのラインが美しい。

最後尾からのひのとり。前照灯のデザインも今までの近鉄特急とは大きく違う。

プレミアム車両は、2+1席の本革シート

ハイデッカー仕様のプレミアム車両、ホーム面とは段差があり、ずいぶんと高い位置に座席が設置されている。
席の並びは、アーバンライナーのデラックスシートのように2+1席。

ただ、前後のシートピッチは非常に広く、バックシェル対応のシートなのでリクライニングに気を遣うこともない。
本革のシート、グランクラスのような贅沢さがある。

2名掛けシートの弱点

少し残念なところは2名掛けの席。充分広さがあるので問題はないと思うものの、肘掛けは隣の人と共用になっている。

アーバンライナーのデラックスシートであれば、そもそも椅子が独立しているので、お互いの椅子の間にスペースがある。ここは少し残念なところ。

ただ、全席にコンセントが付き、電動リクライニングで背もたれもレッグレストも動く。窓のサッシにエアコンの吹き出し口が付いたりと、グレードは非常に高くなっている。

1名掛けシートの贅沢さ

1名掛けの席はプライベート感があって大満足。
ただ、ただ、もしかすると僕はアーバンライナーのデラックスシートを選んでしまうかもしれない。

身体の熱が籠もりやすかった印象が。僕自身のコンディションもあまり良くなかったのだが、非常に暑い印象だった。この日は湿度も高く、運転席との仕切りは途中で曇ってしまうほど。

とはいえ、ちょうどいい時間にひのとりが運行されていたら、プレミアム車両の1名掛けを予約すると思う。

カーテンも電動式

窓枠についているボタンでカーテンの操作ができる。座ったまま、操作ができるのは便利でいいことだ。

運転席後ろのスペースは無くなった

アーバンライナーは、運転席後ろにデッキが設けられていた。運転席横にも乗降口があったのだが、ひのとりではそれがない。代わりに最前列、最後列の人が外を眺められるように。

運転席はホームと同じ高さに、車内から見ると随分と高低差があるようだ。
やっぱり小田急電鉄のそれっぽさがある。

挽きたてコーヒーの自販機とお菓子の販売

両端車両のデッキでは、挽きたてのコーヒーや紅茶、お菓子が売っている。
紅茶はティーバッグがお菓子の自販機で販売しており、コーヒーの自動販売機でお湯をいれるタイプ。

支払いは現金のみ、コーヒー(200円)、プレミアムココア(150円)、紅茶(100円)、SOYJOY(100円)、クリーム玄米ブラン(150円)などがラインナップされている。

紙コップの蓋も用意されているので座席に持ち帰るときも安心だ。

デッキにあるのはICカードロッカー

車両デッキ部にあるのは、大型の荷物を収納できるロッカー。ICカードで施錠するタイプだ。

終着駅手前では天井の色が変わる演出

もうすぐ近鉄名古屋駅に到着しようとするとき。天井の色が変わる。青っぽい光に包まれるのだ。
ミュースカイがセントレアに到着するときのようだ。

大阪難波を21:00に出発する特急ひのとり、停車駅は多めなので所要時間は2時間16分。特に津~桑名間の停車駅が多い。ようやく名古屋に到着。どうもお疲れ様でした。

生きることは動くこと

大阪難波→近鉄名古屋
料金…5,240円(定価)(運賃…2,410円、特急料金…1,930円、ひのとりプレミアム車両…900円)
距離…190km
CPK…27.6円
(※Cost Per Kilometer)

2020年11月21日から、ひのとりが増発。これまで以上に乗る機会が増えそうです。

関連記事

06時30分のアーバンライナーに乗って、大阪難波を目指す
名古屋から大阪へは近鉄特急を使う。ひのとりの運行が始まり、朝一番の特急がアーバンライナーに。
blog.aco-gale.com
新型名阪近鉄特急「ひのとり」が2020年3月14日にデビュー、出発セレモニーも
2020年3月14日、近鉄特急に新しい車両が加わった。近鉄名古屋~大阪難波間を結ぶ新型特急「ひのとり」、シートをリクライニングしても後ろの人に迷惑がかからないバ…
blog.aco-gale.com
アーバンライナーのデラックスシート!画像付き、料金+510円
アーバンライナーのデラックスシートで快適な移動を。
blog.aco-gale.com