クレープが食べたい!!大阪・難波のジェラートピケカフェでエシレ村産バターを使ったピケカフェクレープを堪能する

クレープが食べたい!!大阪・難波のジェラートピケカフェでエシレ村産バターを使ったピケカフェクレープを堪能する

スイーツ
スポンサーリンク

ふとしたときに食べたくなるものがある。それがクレープとエッグタルト。
そんな話を大阪でしていたときに「それじゃ、ジェラピケのクレープがいいよ」とオススメしてくれた人がいた。

ふわふわのルームウェアでお馴染みのジェラートピケがクレープ屋さんをやっているとか。それもなんばマルイで、と聞けば行かないわけがない。
クレープが食べられる!という一心で駆けつけたのだった。

店名ジェラート ピケ カフェ クレープリー なんばマルイ店
住所大阪府大阪市中央区難波3-8-9 なんばマルイ1F
アクセス地下鉄御堂筋線「なんば駅」徒歩1分など
営業時間11:00~21:00
公式サイトhttps://pique-cafe.com/
その他テイクアウト型ショップです
営業時間については、緊急事態宣言などの影響で変更している場合があります

焼きたての本格フレンチクレープが食べられるとか。
クレープは好きなんだけど、フレンチクレープ云々の種類があることは知らなかった。

エシレ村産バターを使ったフレンチクレープは美味しい期待しかない。

注文をしてから作るので、しばしの待ち時間。
ジェラートピケカフェの頭文字「G」がこの位置から始まるのか、、、なんてロゴを見ながら考える。

レジはなんばマルイを出たところ、道路に面してある。なんばマルイの建物の中からは、クレープを作っているところが見られる。

テイクアウト型ショップなので座席はない。

待つこと数分、ジェラピケのクレープができあがった。
やっぱり「G」は、その位置から始まるのだ。

数種類のクレープを買ったので手提げ袋に入れてくれたのだけど、一つ一つが入っている紙袋には何味か書いてあるところが親切で嬉しいところ。

クレープを巻いている紙にもミシン目が入っており、食べ進めていくときにカットしやすくなっている。

オーソドックスなクレープ!!「バターとお砂糖のクレープ」だ!お値段は税抜き490円。これぞジェラピケ価格。

熱々でパリパリで、バターの香りと砂糖の甘さが混じり合ったクレープ。これはうんまい。
チーズやハムが入ったボリューム感たっぷりのお食事クレープもある(640円・税抜)。

このジェラートピケのクレープ屋さんがあるのはなんばマルイの1階だが、前述の通りレジは外を向いている。
ちょうど戎橋筋商店街にあたるのだが、なんばマルイの隣は、北極のアイスキャンデーが。もう少し北に、数十秒ほど進めばりくろーおじさんの店もある。

甘いものに忙しい戎橋筋商店街。クレープ、アイスキャンデー、チーズケーキと楽しめそうだ。

大阪難波駅をよく使うので、少し時間があれば寄れるお店。またクレープが食べたくなったら、ふらりと寄ってみようと思う。

店名ジェラート ピケ カフェ クレープリー なんばマルイ店
住所大阪府大阪市中央区難波3-8-9 なんばマルイ1F
アクセス地下鉄御堂筋線「なんば駅」徒歩1分など
営業時間11:00~21:00
公式サイトhttps://pique-cafe.com/
その他テイクアウト型ショップです
営業時間については、緊急事態宣言などの影響で変更している場合があります