連絡手段の冗長化を考える

いつでも、どこでも、連絡をとることができるのがデフォルトになってきました。電話を持ち運ぶことができるようになり、電話以外の機能もたくさんついてくるように。

メール、LINE、メッセンジャー。

そういったツールを、複数個用意しておく、つまる冗長化することをちょっとだけ考えたい。

よく使うメッセージツール

SMS
LINE
ChatWork
Facebook Messenger
slack
ハングアウト
スカイプ

電話やEメール以外にも、これだけのメッセージツールがある。
他にもツイッターやインスタグラムのDM機能などでも連絡がとれる。

システム障害で連絡が取れなくなってしまうリスクは大きい。

だからこそ、複数のツールを並行して使うことが重要なのだ。先日もツイッターのDM機能に遅延があった。1つに頼るのではなく、分散させて冗長化を図る必要がある。

メインで使うのにピッタリなツールはどれか。
例えば複数端末からログインできるツールがピッタリなら、SMSやLINEは対象外になってしまう。

どれがいいのか、じっくり吟味して、複数の連絡手段を確保しておきたいものだ。