レンタルサーバーを乗り換える際に確認しておくこと

こんにちは、スズキです。ホームページやブログを作っていると、少しずつ不満がでてきます。

その際に「レンタルサーバーを乗り換える」ことを検討するのですが、特定の条件下では問題が色々と発生しがち。だからこそ、乗り換えるまえに、いろいろと調べておくことが必要です。

レンタルサーバーを乗り換える際に注意すべきポイント

レンタルサーバーを乗り換える際に気を付けるポイントは次の5つです

  1. ドメインはセット??
  2. SSL(HTTPS)化してる??
  3. メールアドレス使ってる??
  4. ファイルの保管場所、理解してる??
  5. 使えないサービスがあるかも??

今回は、この5つについて、どういう現象が起こるのか、簡単に説明します。

1.ドメインはセット??

これはXSERVERさんや、はてなブログさんによくある話。決してXSERVERさんや、はてなブログさんが悪いわけではありません。「レンタルサーバーを契約するとドメインプレゼント!!」というようなサービスをしていることがあります。はてなブログでもPROを申し込むとドメインプレゼント!とやっています。

この場合、そのサーバー契約をやめてしまったらドメインはどうなるのか。無くなることはありませんが、更新費用が払われないような状態、払い忘れる状態に。

ドメインの管理会社を変えることもできますが、数日~数週間かかることもあります。事前の準備をしっかりしていればいいのですが、よく分からないままにサーバー変更してしまうと、いつの間にか「ドメイン料金を払っていない→ドメイン停止」といった流れになりますのでご注意ください。

2.SSL(HTTPS)化してる??

最近の流行り、SSL化。HTTP→HTTPSにするアレのことですが、皆さんが使っているレンタルサーバーの場合、サーバーの設定後でないとSSL化できません。

つまり、https://~~~で、ウェブサイトやブログが表示されない期間が発生してしまうことに。また、ブックマークや、リンクなどで、「https://~~」となっている場合、証明書エラーで表示されないことも。

これは、今使っているサーバーと、今度使うサーバーの機能の問題ですので、きっちりチェックしたほうがいいですね。

3.メールアドレス使ってる??

独自ドメインでメールを使っている場合、サーバー切り替えのタイミングで、メールが迷子になることがあります。

切り替え時にタイムラグがありますので、旧サーバーにメールが送られてしまったら。取り出すことは無くなるでしょう。旧サーバー上でメール転送設定などをしておけば、ある程度は防げるはず。メールのあり/なしで、随分と作業量が変わってきます。

また、IMAPで保管している人は、メールの移行もしなければいけませんね。

4.ファイルの保管場所、理解してる??

これは設定次第なのですが、どこに何のファイルがあるか、把握していますか。ワードプレスだと、通常のディレクトリにあるものと、データベース内にあるものの両方が必要です。

また、.htaccessなどでパスワード保護していたりすると、その認証ファイルは、wwwフォルダや、htmlフォルダよりも上層にあることも。これは、レンタルサーバー会社によって異なりますので、レンタルサーバー会社のサポートページと、自分の使用状況を見比べながら。今使っているファイルが、どこにあるのか把握しておく必要があります。

5.使えないサービスがあるかも??

ワードプレスのプラグインや、キャッシュ機能、海外からのアクセス制限。通常は気にしないけど、大事な機能が各サーバー会社さんから提供されています。

モリサワのフォントサービスを使っていたり、ストレージサービスを使っていたり、ウェブメールを使っていたり。

自分が使っているもの、機能をもう一度、洗い出してみる必要がありますね。

まとめ

シンプルにウェブだけの人でも気にすることがいくつかあります。メールを使っているとそれ以上に大変なことも。

ただ、サーバーを乗り換えると、スピードや安定性に対するストレスが一気に無くなる。じっくりと準備をして、変更していきましょう。安易に変えてしまうと、いろいろと不都合が発生しますよ。