名古屋~新千歳、スカイマークが意外と安いかも

こんにちは、スズキです。
名古屋から北海道行きのチケットを探していました。

最近流行りのLCC、特にジェットスターは中部国際空港から多くの便が就航しています。
さて、北海道へ行くには、何が安いのか。

もちろん各種条件がありますが、一度見てみたいと思います。

条件

2018年2月28日に名古屋(NGO)→新千歳空港(CTS)の旅客運賃

ジェットスター、スカイマーク、ANA、JALで比較

手荷物は7kg以下、受託荷物有り

ジェットスターの場合

空港使用料を入れて、4,490円。
受託荷物がある場合、+2,000円(10kg)or+4,000円(30kg)

トータルで、6,490円~8,490円

スカイマークの場合

時間帯問わず5,810円

ここには、受託荷物20kgが含まれます。
ごくごく普通のパッケージであれば、追加料金無しです。

ANAの場合

7,710円~14,010円の範囲ですね。
午前中は高いけど、午後は比較的お値打ち。

こちらも受託荷物20kgが含まれます。

JALの場合

JALもANAと同じで7,710円~14,010円の範囲でした。

やっぱり午前は高いです。
受託荷物は20kgまで。

で、結局どうなの、受託荷物に左右されるぞ

LCCのジェットスターが安いと思っていたけど、それは預ける荷物が無い場合でした。
荷物を預ける必要があるときや、お好みの座席を指定したいとき。
オプション料金を考えると、スカイマークを選ぶのが賢明かもしれません。

意外にも荷物があると、ANAやJALがお値打ちでした。
もちろん今回は平日、2か月以上先のスケジュールと、条件が良いときですが。

同じ条件なら、できるだけリーズナブルに移動したい。
キャンセルになってしまったときの手数料や欠航時の対応など、加味しなければいけないこともたくさんありますが。
安い=LCCという考えは、ちょっと見直さないとなと思った結果でした。

受託荷物がキモですね