テンションが上がる「天丼てんや」

天丼が恋しくなる

天丼には2種類ある。
カリッと揚がった天ぷらを熱々のゴハンにのせて、甘辛いタレをかけた天丼。
もう一つは、分厚い衣にびちゃびちゃのタレ、冷えたゴハンでも美味しい天丼。

前者は高級な天丼、後者はコンビニのお弁当のような天丼。
どちらも大好きな天丼。

外食で天丼を食べるなら、和食のさと、天丼てんやに限る。
今回は天丼てんやに。

日常と非日常が交差する天丼てんや

名古屋市にも天丼てんやがあるが、僕の行動パターンではアクセスが悪い。
東京に行ったときに、よく見かけるのが天丼てんや。今回も新宿の地下にあった天丼てんやにお邪魔することに。

東京の人からしてみれば、日常の天丼てんやなのだろうけど、僕にとってはハレの日なのだ。

リーズナブルな価格、オプションをつけたくなる誘惑

天丼は500円から。セットメニューだと1,200円ほどになるが、リーズナブルな価格だ。
リーズナブルな価格だと、オプションをつけたくなる。今回も誘惑に負けてしじみ汁を。

注文したのは海老穴子天丼980円にしじみ汁変更+150円、合計1,130円はちょっと背伸びし過ぎたか。

ハレの日の天丼てんや、お腹いっぱいで大満足

海老穴子天丼としじみ汁。勢いにボリュームに大満足!
当日は、新人スタッフさんが対応してくださったのですが、初々しい感じがよかった。不慣れながらも丁寧に接客して頂きました。

お会計はICカードにも対応しており、モバイルsuicaで支払うことに。
スマートに会計を済まし、お腹いっぱいの心地良い気分で目的地に向かうのでした。