名古屋駅前「いきなりステーキ」初めての挑戦!

名古屋圏では、ショッピングモールの中にしかなかった「いきなりステーキ」
それが、名古屋駅前にもできたということで、さっそく訪問。
とにかく肉が食べたい!!
その一心でで向かったのは、名古屋駅前の地下街直結「名古屋三井ビルディング」
一日中モーニングサービスをやっていることで有名な喫茶店「リヨン」があるビルだ。

店名…いきなりステーキ名古屋三井ビル店
住所…名古屋市中村区名駅南1-24-12-B1F
営業時間…11:00~23:00(L.O.22:45)
定休日…年中無休
席数…44席

初めて見るいきなりステーキのメニュー

メニューを開いて一番初めに出てきたのはサイドメニュー。
「いきなり!サイドメニュー」と書かれたメニューは、サラダ、スープ、ライスについて。

これがいきなりステーキのメニューだ!!

いきなりステーキの特徴といえば、注文した量で肉をカットしてくれるところ。
一番人気のリブロースステーキは、300g以上でカットしてくれる。
1グラムあたる6.9円だ。

他にもワイルドステーキ、ワイルドハンバーグなどがメニューにある。

今回注文したのは「ワイルドステーキ」と「リブロースステーキ」

450gの文字に惹かれて、ワイルドステーキを注文。
もちろん量り売りのステーキでも、450gを注文することができる。

厨房の前へ行き、お肉のオーダー。
目の前でカットしてもらい、焼き加減を伝える。
あとは席で待つだけだ。

店内は広く、ハイカウンタと、ソファー席が

店内はハイカウンター席と、ソファー席が。
友人と行った際には、「横に並んでくださいね」と言われる。
正面は相席になるものの、ちょっと恥ずかしい。

豊富な調味料たち

塩コショウはもちろん、ワサビ、にんにく、ドレッシング。
様々な調味料が置いてある。

また、ステーキソースは保温容器に入れられ、温かさをキープ。

これがワイルドステーキ450gだ

ワイルドステーキ450gにガーリックライス、スープ。
とにかくボリューム満点、これはすごい。
ワイルドステーキは表面を焼いてあるだけなので、鉄板でお好みの焼き加減に。

ちゃんと火を入れると、こんな感じになりました。

こちらは、リブロースステーキ300g

リブロースステーキは大きな1枚肉。
ワイルドステーキはカットされた、というか、量り売りの重さ調整で切り落とされたそれっぽい印象だった。

親切なところ、残念なところ

手荷物が汚れるから、、、とカバーをしてくださるところはとてもGood。
お店の方も親切に案内してくださいました。

残念なのは、おしぼりをもらえないところ。
3人で来店し「おしぼりをください」とお願いしたら、「2つしかないから」と言われて2つだけ渡された。
お店の方針ならいいけれど、なんかちょっと残念だった。
床もベタついていて、設備面では満たされず。

ちょっと背伸びして行くのではなく、ファーストフード店の感覚で行くほうがよさそうだ。
というか、そういうコンセプトなのかもしれない。

トータルで、可もなく不可もなく。
とりあえずお腹いっぱいになったから。という印象。
久しぶりに食べるステーキは、活力の源になること間違いなし。

平日の夜だからか、スムーズに案内してもらえたのも嬉しかった。
名古屋駅で肉肉したくなったら、いきなりステーキを選ぶこともできそうだ。