「プラグインとの付き合い方」神戸で開催されたKansai WordPress Meetupに参加! #WPmeetupkobe

「プラグインとの付き合い方」神戸で開催されたKansai WordPress Meetupに参加! #WPmeetupkobe

8月の最終日、兵庫県神戸市で開催されたKansai WordPreess Meetupに参加してきた。ブログなどで使われることが多いWordPressは、公式コミュニティが世界中にある。

WordPressの話をしたり、勉強会をしたり、作業会をしたり。今回はプラグインについての話が聞けることに。

今回の目的は2つ。

一つはWordPressや、そのコミュニティ「Meetup」について話をして下さるKEISUKE氏の話を聞きながら、コミュニティ運営のコツを勉強すること。

さすが、慣れていらっしゃるだけのことはあって、学ぶところたくさん。ぜひこの内容はAichi WordPress Meetupでも活かしたい。

そして、もう一つはとろゆに先生のとろゆに節を聞くこと。

Meetupの説明、みなさんの自己紹介をした後、とろゆに先生のセッション。
長野県松本市で信州WordPress Meetupのオーガナイザーをされているとろゆにさん。はるばる神戸までいらっしゃったとか。

プラグインの話をして下さるのですが、冒頭からキレッキレで、ハッと気付かされることばかりでした。

参加された方のツイートを一部ご紹介。

いつものごとく、勢いのあるスタイルで。ズバズバぶった切っていきます。
「なるほど、、、」と思わせることも。

キャッシュ系プラグインの話。キャッシュ系のプラグインを入れると早くなるけれども、副作用もたくさんある。
飲むだけで痩せる危険な薬みたいなもの。オススメしないし、とりあえず突っ込んで早くなるのは「キャッシュ系プラグイン」ではなく「お金」

また、セキュリティ系のプラグインについても。

「セキュリティ系のプラグインはセコムやALSOKみたいな存在なだけ。基本的な戸締まりや防犯対策はそれ以前にやっておくものだ」と。このスライドで挙げている当たり前のこととは

  • 本体・プラグイン・テーマのアップデート
  • 十分な長さのパスワード
  • アカウントを複数人で共有しない/適切な権限設定
  • サーバーパスワードの適切な管理。初期パスワードのままにしない。
  • サーバー上で権限の設定。
  • 万が一に備えたバックアップと、復旧態勢。

まずは基本的なところをきっちり押さえておこう。

また脆弱性などの情報収集も大事だとか。WordPressに対する攻撃はプラグイン系が45%を占めるので、プラグイン選びは慎重に。そして必要最低限のものを。

とにかくキレッキレで終始笑いが絶えない会でした。お話されていることは至極真っ当で真面目な内容なんですけどね。

当日のスライドを公開してくださっているので、興味のある方は是非ご覧下さい。

関西地区では神戸以外にも大阪や京都、滋賀でMeetupの活動をされています。
気になる方は
https://www.meetup.com/ja-JP/Kansai-WordPress-Meetup/events/past/
をご覧頂ければと。

たくさん学ぶことがあったので、Aichi WordPress Meetupでも取り入れていきたいですね。次回の開催も楽しみです!