レトロでんしゃ館で名古屋の地下鉄、市電を眺める 赤池駅より徒歩7分

赤池駅から徒歩7分

電車に乗り間違えて、名古屋市営地下鉄 鶴舞線の起終点駅になっている赤池駅にて下車。
ホームで面白そうなポスターを見つけました。

レトロでんしゃ館です。

住所:愛知県日進市浅田町笹原30
アクセス:名古屋市営地下鉄鶴舞線 赤池駅徒歩7分 駐車場有
電話番号:052-807-7587
開館時間:10:00~16:00
入場料:無料
WEBサイト:https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/ENJOY/TRP0000498.htm

レトロでんしゃ館

名古屋市営地下鉄の日進工場に併設されている展示施設。

建物前には、シールド掘削機のモデルが。

レトロでんしゃ館は、外から見ると、体育館のようなカタチをしています。

名古屋市内を走っていた市電、地下鉄東山線の初期車両が展示されているようです。

懐かしい電車たち

名古屋も昔は路面電車が走っていました。
その代表的な電車が3両展示されています。

もちろん中に入ることも運転台に入ることもできます。

東山線の初期車両

奥にあるのは黄色い黄色い初期車両の東山線。
僕が小さいころに乗ったのも黄色い車両でしたが、それよりも更に古いモデル。
昭和32年に製造された電車なんですね。

こちらも中に入ることができます。

第三軌条方式なので、台車には集電靴がついていますね。

電車との距離が近い「レトロでんしゃ館」

触ったり、乗ったり、電車との距離が近い博物館でした。
小さな子どもから、おじいちゃんおばあちゃんまで。
じっくり懐かしさを味わえる施設かと思います。

ジオラマにハマらなければ、30分~1時間程度で見ることができますので、フラっと立ち寄れますね。

16:00で閉館ですので、早めに行くことをオススメします。

また、東京には葛西駅下に「地下鉄博物館」がありますので、こちらも併せてお楽しみください。