SKY765便 スカイマークに乗ってセントレアから新千歳空港へ

飛行機に乗ることが今年の目標だったりする。
マイル修行をしているわけではないが、とにかくたくさんの飛行機に乗りたい。

スカイマークSKY765便

今年3回目のフライトは、スカイマークの765便。
お値打ちな航空券を見つけたので北海道でリフレッシュしてきた。

SKY765 13:15(NGO)→15:00(CTS)
使用機材:B737-800

2018年の搭乗は3回目
1回目…羽田から神戸へスカイマーク101便に乗って
2回目…セントレアから羽田空港へ、JALのJL200便に乗る

まず、やらかした話から

最初にお伝えしておきたのは「やらかした話」
乗り遅れたとか、予約を失敗したわけでなく。

一眼レフで撮っていた画像が消えてしまったのだ。
メモリーカードエラーで、その日の1日分のデータが全部消えてしまった。
幸いなことに有償ソフトで復活させたものの、このSKY765便のところだけが復元できなかったのだ。

というわけで、スマホの写真多めにお送りします。

神宮前からミュースカイに乗って

今回はお昼の便だったので時間に余裕が。
名鉄神宮前から、ミュースカイで移動したのだが、神宮前の次が中部国際空港。
途中の停車駅が無かったのだ。

昼間の空港は空いている

前回、飛行機に乗ったときは7:45の便だった。
手荷物の預け入れ、保安検査と大行列だったが。
さすがは13:15の便、空港が空いているのは楽チンだ。

スカイマークなら、21A席

事前に座席指定できるので、スカイマークのときは21A席。

スカイマークは基本的に機材が同じなので、いつもと変わらない風景。
もう一つ後ろの席でも楽しめそうなので、気分しだいで22A席に乗っているかもしれない。

今回も北向き、36の方向で離陸。

定刻の出発、金曜日の13:15の便は、搭乗率も低く快適だった。
航空会社にしてみれば、もっと乗ってほしいと思うのだが笑

今回のルートは、北に向かって離陸し、そのまま北上する。

愛知県から岐阜県を抜け、富山県、新潟県、日本海へと飛んでいく。
もし、機体右側の席(F列)に座っていたら、自宅が飛行機から見えたことだろう。

高度12,000m、時速1,000km

さすが距離が長いだけあって、高いところを飛ぶようだ。
スピードーメーターというアプリでも、時速1,000kmは初めてで、大きなデジタル表示は下3桁しか表示されなかった。
つまり、突然時速1kmとか、時速15kmと表示されるようになった。

あたり一面の雲を見ながら、気付くと北海道が目の前だった。

SKY765便、少し早めに到着

青森を通過したあたりから徐々に高度が下がり、苫小牧上空を通過するころには高度1,000mを切る。

目下には雪化粧をした街並みが。
ここから新千歳空港までは20km弱
3分もしたら到着する。

新千歳空港は広い

飛行機のタイヤが滑走路に接地してから、機内から出られるまでに8分ほど時間が掛かった。

空港が空いている時間帯でも距離があるので時間がかかるのと、スカイマークが端っこに駐機するからだろう。
ボーディングブリッジに「ROYCE」の文字を見つけると、あぁ北海道だなーと実感するわけです。

無事に着陸、ありがとうございました。

生きることは動くこと

985km 5,850円
飛行機は一気に距離が稼げます