タイムズカーシェアのデミオに乗って、名古屋から岐阜までのドライブ

いつの間にか当たり前のように使っているカーシェアリング。業界大手のタイムズカーシェアも、先日「タイムズカープラス」からサービス名称を変えたばかりだ。

そんなタイムズカーシェアの車を借りて、ドライブに行ってきた。

15分単位のショートプラン

タイムズカーシェアには料金プランが大きく2種類ある。

  1. ショートプラン
  2. パックプラン

ショートプランは15分単位の課金で、距離による課金は無い。デミオやフリードなどのベーシック車種だと15分206円、Audiやセレナなどのプレミアム車種は15分412円だ。

パックプランは、6時間パックを除き1キロあたり16円の距離料金が別途必要になる。

今回はベーシック車種のデミオを、ショートプランで借りた。

10か月前の新車、距離11,000km

ショートプランの場合、料金は車種によって違うだけ。今回借りたデミオは、昨年7月登録の新しい車。距離も11,000kmとまだまだ余裕がある。

先日、東京で借りたノアは10万キロを超える個体だった。当たりはずれがあるだけに、ドアを開けるまでドキドキする。

意外とよく走ってくれるマツダデミオ

このデミオは1.3リットルモデル。大人1人でドライブするにはピッタリのサイズかもしれない。

日曜日の午後、市街地をノンビリ走行したときの燃費は13.5km/l。
気温32度の中、エアコンをフルに使って走ったが、それを踏まえてももうちょっと頑張ってほしかったか。
公称値は24km/lくらいだろうから6割弱の結果となった。

ハンドルにボリュームと、メーターパネル内のインフォメーションディスプレイコントローラー。

下についているのはナビの設定ボタン。慣れない操作に戸惑ってしまう。

エアコンはマニュアルタイプ。冷房はバッチリ効いてくれた。

安全装備に環境装備、フルについているありがたさ

新しいレンタカーだからこそ、アイドリングストップシステムや、レーン逸脱検知、障害物検知などの機能がしっかりついている。

ドアミラーはオートにしておけば、ドアロックと連動して格納されるのも便利だ。

そしてドアミラーには、後方からの車両接近マーカーも付いている。このタイミングでウインカーを操作すると、ブザーで危険性を教えてくれるのだ。

バックモニター完備、初心者でも安心

バックモニタも付いているタイムズカーシェアのデミオ。バックモニタの有無は予約時に分かるので、不安な方はそれを参考にしよう。

専用ナビも新しい

ナビもタイムズカーシェア仕様のものが。
もちろんブルートゥース機能付きで、スマホの音楽をスピーカーから流すことができる。

それだけでなく、ステレオミニジャックも用意されている。
ブルートゥースが使えないタイプの音楽プレイヤーなども使うことができる。

グローブボックス内には、運転用のカギをしまうところ。

車内は電子タバコを含めて禁煙。嫌な臭いもしなかった。

初心者マーク、ジュニアシートなどの備品は、トランクルームにしまってある。

当たりのクルマで楽しくドライブ

比較的キレイな車種に当たり気分良くドライブできた。CVTではなくAT仕様なので、アクセルのレスポンスもいい。

昔のコンパクトカーのように、妥協するところは少なく、最新の機能や装備が付いていることに驚きを隠せない。

冷房もよく効き、スピーカーからはスマホの音楽も鳴る。今回は5時間の利用から給油割引があり、3,914円の利用だった。短期間の場合はレンタカーよりもオトク。使う用途に合わせて、タイムズカーシェアか、レンタカーか。

お値打ちな方を使っていきたい。

距離…124km(市街地3、高速道路1)
平均燃費…15.2km/l(市街地66km時点では13.5km/l)
料金…3,914円
CPK…31.6円
※Cost per Kilometer