若松駅でジャズをBGMに駅うどんを食べる

若松駅でジャズをBGMに駅うどんを食べる

駅弁
スポンサーリンク

名前だけ知っている駅というのが全国にいくつかある。その一つが福岡県北九州市にある若松駅。
三重県には近鉄の「伊勢若松駅」がある。伊勢若松を普段使いする友人が伊勢若松駅のことを「若松駅」と言うのだ。素直に「若松駅」で検索したとき、何度かお目にかかったことがある。

全長66.1km、筑豊本線の起点駅。
若松駅がある北九州市若松区には、大正、昭和初期に若者がジャズバンドを結成した、という歴史があり、「九州ジャズ発祥の地 若松」として街おこしをしている。

ということで、若松駅の発車メロディや到着予告音はジャズのメロディーが流れている。
それだけではなく、日中のコンコースでもBGMとしてジャズが流れているのだ。

そんなジャズが流れるコンコースにあるのは東筑軒の若松駅うどん店。
東筑軒は、北九州を中心に駅弁や駅うどんを展開している。

うどんやそばは370円から。どのうどんやそばにもかしわ肉は入っているという。
今回は丸天うどんを選択。

クッキングパパ16巻によると、博多のうどんでお馴染みなのは丸天だという。白身魚のすり身をカタチを整えて揚げたものだ。

丸天にかしわ肉、青ネギとかまぼこが入った丸天うどん(420円・当時)
うどんも美味しいし、かしわ肉もいいアクセントに。丸天ももちろんいい味だ。

隣のおじさんは、うどんを食べた後、駅弁も買って電車に乗っていった。

令和3年1月1日より価格改定があり、かしわ入りうどん/そば以外は数十円の値上げになってしまった。
が、駅の乗降客数や原材料の値上げなどで致し方ない部分かもしれない。

駅のジャズをBGMに駅うどんを食べる。九州のいろいろを一気に楽しむことができた。

店名若松駅うどん店
営業時間07:00~18:00(L.O.17:40)
定休日年中無休
住所福岡県北九州市若松区白山1-18-1 若松駅 改札外
公式サイトhttps://tochikuken.co.jp/