新幹線で大きなテーブルが欲しいときは最前列の席を選ぼう!

新幹線に乗るときの選択肢は2つ

車両の端に乗るか、車両の中央に乗るか。

乗り心地は車両の中央がいいけれど、作業したいときは車両の端っこへ。
というわけで、今回は14号車20番A席を選択!

空いていたので進行方向右側の3列シートを。
お昼のひかり号なので、隣も後ろも空席でした。

シートをリクライニングすると、結構倒れるんですよ。

何より重要な大きいテーブルとコンセント

車端部はテーブルが大きい!!これが一番のメリットだ。
車輪に近く、扉にも近いので少々騒がしいが、テーブルとコンセントがあるから譲れないのだ。

Surface3を広げたところ

このタイプのタブレットは、意外と奥行きが必要になる。
それが端っこのテーブルだと余裕で置くことができるのだ!

タブレットだけでなく、駅弁もずいぶんと余裕があるので、一安心。

作業がしたいなら、大きなテーブルが欲しいなら。
進行方向に向かって一番前の席をキープしよう。
新大阪→名古屋→東京方面の新幹線に乗るときは選ぶ号車によって13番~20番が最前列になるので注意だ。

せっかく指定席の料金を払うなら、大きなテーブルを選んでみませんか。
ゆったり、静かに乗りたい人は真ん中あたりの席をオススメしますけどね。