「生きることは動くこと」の一歩は、3年前の3月の3連休だった。

あなたにとっての記念日はいくつありますか。
1年365日のうち、思いがある日、大切な日は誕生日や結婚記念日だけじゃないはずです。

僕にとっての記念日のひとつは、3月19~21日でした。3年前はちょうど土日+祝日の月曜日で3連休だったんです。

「生きることは動くこと」

自分を変えてくれるきっかけ。それは流行りの本に書いてあった一文かもしれないし、友人が何気なく言った一言かもしれません。振り返ってみると、少し前の自分では想像できないくらい、思考や行動が変わっていることがあります。

僕自身にテーマをつけるとしたら「生きることは動くこと」です。会社員なので時間があるのは週末。あちこち飛び回ることが一気に増えました。最近では、「名古屋の人だけどあまり名古屋にいないよね」と言われることも。

2017/03/19 東京都大田区

そのきっかけは、3年前の3月の3連休、ブログやツイッターを真面目に始めて少したったころです。
インターネットのお友達に「オフ会があるからおいでよ」と言われたのがきっかけで、東京・渋谷に行くことに。

ちょうど東京から名古屋に引っ越す知り合いがいたので、手伝ってほしいと言われて。日程がちょうどその3連休だったこともあり、東京に行くことができたんです。

レインボーブリッジ、渋谷のスクランブル交差点

知り合いが住んでいたのは、浜松町駅のそばでした。簡単な打ち合わせをしたあと、東京の街をドライブしていると、目の前に見えたのはレインボーブリッジ。地図を見てみると、浜松町駅からは2kmも離れていないとのことです。

レインボーブリッジを眺めたあと、渋谷を目指すことにしました。手ごろな駐車場を探して、辿り着いたのは京急の立会川駅、そこから品川まで京急で、品川から山手線で渋谷を目指します。

東京の地理に詳しい方なら、「なぜお前はわざわざ立会川まで行くんだ」とお気づきでしょうが、当時はまったくそんなことも分からない状態だったんです。

渋谷駅に到着して目の前に広がっていたのは、あのスクランブル交差点。ニュースなどでも写っているアレです。「これが東京か」と何とも言えない気持ちになりました。

レインボーブリッジ、スクランブル交差点。テレビを通してしか見れなかったものが目の前にある。東京の面白さを増幅させてくれたものでした。

知りたい気持ち、この目で見たい気持ち

インターネットを通じて新しい世界が見えたのは、インターネットの世界ではなく現実の世界だったんです。全世界の情報が手に取るように分かることが、「そこに行ってみたい」という気持ちを生み出してくれました。

3年前の3月の3連休が無かったら。東京に行くことも、大阪に行くこともなかったでしょう。「何か面白いことないかな」と言いながら、名古屋やその周辺をうろうろしていると思います。ブログも続けていないかもしれません。

2018/03/21 大阪府大阪市中央区

人のきっかけなんて小さなもの。オフ会、引っ越し、3連休。僕はこの3つに助けられて今がある。初心を忘れないためにも3月19~21日は大切な記念日なんです。お彼岸の季節、ぼたもちやおはぎが店頭を飾るころ、気合いを入れなおして「生きることは動くこと」に向き合っていることでしょう。