「飾るおりがみシリーズ」の歌舞伎にチャレンジ、意外と難しい!!

名古屋・伏見にオープンした御園座のお土産コーナー「御園小町」
たくさんのお土産がある中で、選んだのは「飾るおりがみ」
松竹株式会社監修の歌舞伎おりがみを作ってみました。

5種の折り紙が楽しめます

日本伝統文化シリーズの歌舞伎。
中は5種類の柄がそれぞれ2枚ずつ、ビッグ折り紙が1枚入っています。

  1. 連獅子/親
  2. 連獅子/仔
  3. 舞扇
  4. 佐藤忠信
  5. 静御前

の折り紙を楽しめるんですね。

英訳付きなので、外国の方へのお土産にもピッタリでしょう。

外側のパッケージがステージに

中身はこんな感じ。
パッケージがステージになり、折り方見本と、折り紙が入っています。

5種の折り紙

意外と難しい折り紙。
久しぶりに折り紙をすると、自分の不器用さに気付きます。
昔はこんなに不器用じゃなかったのに、、、、と思いたいです。

折り方見本には、ちゃんと英語表記がありますね。

例えば連獅子

細かく複雑な折り方、手が言うことを聞いてくれません。
ちょっとしたズレができてしまうので、折り紙の特訓が必要です。

 

完成!!!折り紙メンバー勢ぞろい

ようやく折り終わりました。
ビッグ折り紙を除いた5枚を折るのに35分かかりました。
両端の2つが、最後ひっくり返すところで難儀しましたが。
ひとまず完成です。

付属のステージに乗せると

ステージに乗せると、こんな感じ。
歌舞伎らしくなりましたね。
たまにやってみる大人のおりがみは刺激たっぷりでした。
歌舞伎がちょっと身近になりましたね。

他にも「縁起物」「相撲」とシリーズがあるそうなので、そちらも楽しめるかと思います。

公式サイトはこちら