時間を切り取る「非日常」 #写真とわたし

写真と文字で伝えるメディア。
そう言いながらも、写真を省いてみる。

 

いつの間にか写真が好きだった。
小さいころからカメラを持っていた。

写真の不思議は、同じカメラを使っても、撮影する人で全く違う作品ができること。

そして、時間を切り取れること。

数百分の一秒で切り取ったそれは、静止画なのだけど。
そこからは、音が聞こえたり、匂いが感じられたり、過去の思い出が重なったり。

フィルムの時代は、

写真を撮る楽しさ
現像に出すドキドキ
仕上がりを待つワクワク
出来上がった現実

色んなタイミングでカメラを楽しめた。

1枚1枚にコストがかかるので、その1枚を大切に。
量より質を重視して。

デジタルになってからは、とにかくシャッターを切ることができる。
そんな余裕が生まれた。

でも、いくら連写したって、うまい写真は撮れない。
連写している間の気持ちは薄いものだから。

この1枚に気合を入れた!!!という写真が少なくなってしまったのだ。

日常を、ただただ切り取っただけ。

そうじゃない。

自分が最高だと思うその瞬間を切り取るからこそ、そこに思いや音や匂いや時間や思い出が重なる。

手軽になった写真。
でも、手軽過ぎても面白くない。

ちょっと不便なことがちょうどいいこともある。

そんな僕は、まだまだ写真を撮り続けるだろう。
カメラを片手に、日常にコンテンツを。