QCYのブルートゥースイヤホンQY19を使ってみる

こんにちは、スズキ(@acogale)です。
先日、ECBBさんから、QY19というブルートゥースイヤホンをご提供頂きました。

せっかくなので使ってみたところ、思った以上にフィットする素敵なイヤホンだったんです。

QY19スポーツ仕様ブルートゥースイヤホン
連続待ち受け時間:155時間
音楽再生時間:5-6時間
充電時間:2時間
対応プロファイル:HFP/A2DP/HSP/AVRCP

オシャレな箱に

パッと見たところ、どこから開くのか悩んでしまう綺麗な箱。
マッチ箱のようにスライドして出てくるのかと思いきや、マグネットで止まっていました。

音声案内が!!

使ってみてビックリしたのは、音声案内をしてくれるところ。
電源を入れると「本製品をご利用いただき、ありがとうございます。1台目のデバイスに接続しました」とアナウンスが。

初期設定時のペアリングモードの際も「ペアリングモードです」と日本語アナウンスが聞こえる。
LEDの色や、ピピッと音が鳴る製品ばかりの中で、音声案内は心強い。

音はクリア、澄んでいる

ブルートゥースイヤホンなので、、、、と思っていたけれど、中音~高音域は澄んだ感じで伸びてくれる。
ベース音、バスドラムの音はもうちょっと欲しい、と思いながらも、自然なバランスで聴かせてくれる。

ボタンのクリック感もハッキリ

ボリュームの操作、ペアリングのボタンは、クリック感がハッキリしている。
押し込んだ感じや、カチカチと音がするボタンは、押してる感が安心させてくれる。

さすがスポーツモデル

耳の中での安定感は抜群。
少々動いたくらいでは問題ない。

しかも、耳の部分はアダプタが何種類もついているので、自分にフィットするそれが見つかることだろう。

まとめ

イヤホンも進化している。
一昔前は、ノイズもひどく、遅延も発生していた。
今の製品はこんなに違うものかと。

もちろん、イヤホンを付けたまま、ハンズフリーとして通話もできるので、スマホにはピッタリな商品だ。
重さも13gと軽量、電池も通勤時間なら充分だ。
しかも充電はマイクロUSBと、スマホと同じものが使える。

3,000円台の商品としては、充分なクオリティだ。
移動時間の楽しみが、また一つ増えた。